オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#冷やししるこ

購入場所: みはし 東京駅八重洲地下街

お値段: 380円

f:id:onsha:20180518210951j:image

5月。一番爽やかなはずの季節。

時々蒸し蒸ししたり、地方によっては大雨が降ったりなかなか安定しない気圧配置ですが、カラッと晴れれば気持ち良い日中です。

そんな日の終わりに食べたい、甘い美味しい「おしるこ」を私の愛するみはしさんで見つけました。

f:id:onsha:20180518211036j:image

白玉が6個付いてます。

f:id:onsha:20180518211101j:image

おしるこをよくかき混ぜて、白玉イン。

以前杏あんみつ - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずで取り上げましたが(今は510円になりました)、みはしの餡子の濃度や黒蜜の具合が実に私好みで美味しく、上野や東京駅に行くたびについつい購入してしまうお土産。

お店でいただくのも、もちろん良いのですが、甘味屋さんてあまり落ち着かないんですよね。

東京駅という巨大ターミナルの中でもあり、蛍光灯ガンガンの明るさだし、誰かが待ってるし、女性客が集団でお話しに花が咲いてかなり賑やかで。

そんなことがやや苦手なので、迷わずお土産を購入する訳です。えへへ。

上野のお店はやや落ち着いていますが、やはり待っている方多数。甘味屋さんて美味しければすごく儲かるのかもしれません。

さて、こちらの冷やししるこは白玉が固くなるので、当日中の賞味期限ですが、夕飯を済ませた一日の終わりに、偏愛しているほうじ茶 - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずとともにいただくのはかなり幸せなひとときです。

若桃あんみつも新商品で発売中。

でも、こちらイチオシです。冷やし白玉しるこ【夏季限定】 | お品書き | あんみつ みはし

嘘つきません。この手の甘いものがお好きなら是非召し上がってくださいませ。

#かっぱえびせん 韓国のり風味

購入場所: オオゼキ

お値段: 78円
f:id:onsha:20180517183220j:image
やめられない止まらないカッパえびせん。
食べる度にこの名フレーズを思い出します。
そんな名作オヤツに時々登場する期間限定品に「韓国のり風味」があります。
4月末に発売されており、今なら販売店の店頭で容易に見つけられるかと思います。
で、少し経つとそっと百均にあったりするんですけど。
こちらは値段的にも味わいとしても駄菓子ではありますが、名品です。
私が愛していたカルビーとカドヤのコラボ商品、ゴマ油ポテチニュースリリース 『ポテトチップス しおとごま油風味』 | カルビー株式会社が消滅した今、ゴマ油界の駄菓子としてトップと言っても過言ではありません。きっぱり。
蛇足ですが、私はギザギザポテチより踊っているようなナミナミタイプが好きなのです。うるさいったらありゃしない。はい。
少し横にそれましたが、カッパえびせん韓国のり味、美味しいです。
期間限定の商品、おやつにおつまみに是非お試しくださいませ。
そして、R.I.P HIDEKI。哀しいな。

#フルーツロデブ

購入場所: BOULANGERIE BONHEUR

お値段: 350円

f:id:onsha:20180503230324j:image

鵠沼海岸シリーズ、第二弾。

踏切の横にある可愛いパン屋さん、BONHEUR。

こちらも朝8時からの営業です。

おにぎりもパンも朝から買える素敵な町、鵠沼海岸

種類も多く、ハードパンから食事パンまで魅力的なラインナップ。

コルネも直前にクリームを詰めてくれるし、甘いものも◎。

そして日曜日限定のフルーツロデブ。

とてもお得なお値段に思います。

ロデブは粉に対して水分の多いパンで、成型しにくいのですが油脂も卵も入っておらず、粉塩水が材料のさっぱりとした味わいのパンです。

ハードパン好きの私は見つけると購入しております。中でもこのフルーツやナッツが入ったロデブは好物です。

こちらは海岸でなく、お土産に致しました。

わりと日持ちするので、毎日少しずつスライス。カリっと焼いたパンに美味しいバターを少しだけ乗せて。また日曜日に行ったら購入したいパンです。

f:id:onsha:20180503231310j:image

あ、犬はお店の前で待ちましょうね。

#焼き鯖とネギの混ぜご飯🍙

購入場所: KUGENUMA RICE

お値段: 205円

f:id:onsha:20180430172818j:image

神奈川県藤沢市鵠沼海岸は明治の頃からの別荘地。

風の温度も心地よく、陽光も柔らかい。

そのシアワセな空気感の中、のんびりとした商店街があり、横道にステキなお店がチラホラ。

その中の一軒、KUGENUMA RICEのはなんと7時から営業しています。

Kugenuma Rice - ホーム | Facebook

海に向かう人が朝ごはんにするのにおにぎりはうってつけ。

お昼近くなると、売り切れてしまうので早めにいらしてくださいね。

f:id:onsha:20180430220035j:image

どれもこれも魅力的なおにぎりたち。

おいなりさんも種類豊富です。

そんな中から選んだのはこちら。

f:id:onsha:20180501092435j:image

絶妙なお味の混ぜご飯です。

鯖はシャケより脂があるので、ネギも上手にくたっとなるし、塩気もまさに良い塩梅。

これは真似したくなる混ぜご飯です。

別売りのおかずパックのヒジキも玉子焼きも甘口の味つけですが、とても美味しいです。

このお店が近くにあったら嬉しいだろうな。でもこのロケーションで大正解。

都会であればまた違うやり方をしなくてはならないでしょう。

店主ご夫妻は愛媛からの移住だとか。

店内で販売している器も故郷の砥部焼、しかも中田窯の商品などセンスの良いものが。

朝早いのはきっと大変でしょうが、素敵なご商売を最適な地で始められましたね。どうぞ陽光溢れる地で末永く。

また買いに行きます。

海岸で食べる時はトンビに注意です。

実に上手に取り上げます。

風も強い日が多いので、ラップやお手拭きが飛んでしまうこともありますが、ゴミはきちんと始末してくださいね。

f:id:onsha:20180501102443j:image

#シュークリーム

購入場所:  Les CACAOS

お値段: 480円

 

f:id:onsha:20170203172852j:image

一昨年、五反田から品川に向かうソニー通り沿いに一軒だけパリみたいな外観のお店が出来ました。

LES CACAOS - Home

チョコ好きとしては気になる店名です。

ショコラティエはマルコリーニにいらした方のようで、美しいボンボンショコラがショーケースに並んでいます。

生ケーキやサブレなどの焼き菓子、飲むショコラ、カカオのお茶、パンにつけたら美味しそうなペーストなどもあり、深いカカオ愛を感じます。

「この場所で大丈夫かしらん」とあまりの素敵な外観と周辺環境の違和感を心配しましたが、私の心配を他所に定着したようです。

こちらのシュークリーム、上にカカオニブが乗っており、クリームもシュー生地もなかなか美味しい。

f:id:onsha:20180416121927j:image

普通、ケーキ屋さんではシュークリームは一番安価なことが多い商品ですが、こちらでは違います。

もう少し凝った作りの生ケーキでお値段が低いものもあり、それだけにシュークリームに対する思いが感じられます。切るとこんな感じ。クリームにもほんのりチョコ感。

f:id:onsha:20180416122117j:image

ただこちらを手土産にしても、4ケで2000円とはわかっていただけないかもしれません。

そう。ご自分で召し上がってください。

やみつきになるか、はお任せしますが、一度試す価値は充分にあります。私はお店の前を通ると五回に一回は買っています。

今回はクラシックショコラも購入。

クロテッドクリームまで買って帰り、添えていただきました。

f:id:onsha:20180416122506j:image

近所にあって嬉しいお店です。

次回はチョコとオレンジのペーストを購入予定。

五反田を通過する際に思いだしたら是非素敵な店舗を覗いてみてください。

#犬がいる暮らし②

犬が来て一年が過ぎた。

f:id:onsha:20180413093846j:image

「一年」という時間を犬が認識しているかはわからないが、ともかく私と犬の365日は過ぎ、旅行や悪天候の日以外はほぼ朝夕二回の散歩に行き、餌を与えた。

一年経ち、散歩の時の頑固さがなくなり、それ以外の態度も落ち着いたように思う。

犬種が柴なので、膝に乗るとかいつもベロベロ舐めてくれるなどの愛嬌はないし、よく笑う訳でもない。

大体は寝ているし、寝ている間に近くにいてやればかなり満足しているように見える。

時々目を覚まし「いるわね」と確認するようにこちらを見る。

とはいえ、一日犬に付き添う訳にもいかず、日常の外出はしなくてはならない。

が、出来るだけ不在は4時間程度にして、戻るようにしている。

やや長めの不在にはくるんとしたしっぽをあげて玄関までチョコチョコ走ってくることもあるが、ちょっとした外出だと顔だけあげて「あぁ、帰ってきたの?」という反応だったりもする。

撫でようとしても身をかわすこともあり、抱き上げることはかなりぼんやりしている時しかできない。

新しい我が家での名前はさすがに認識したようで、その名を呼べば(機嫌が良ければ)カツカツカツと爪の音をたててやってくる。

子供代わりとというよりは、もう少し主張もあるし、かと言ってそれほどワガママでもなく、同じ空間にいることで満足なように思う。

車にも良く乗せているが、いつのまにかソフトクレートから脱出してちょこんと後部座席に座っていることがある。

こちらは安全性を考慮しているのだが、自分だけ境界を設けられるのをよしとせず、対等にドライブを楽しみたいように思える。実際よく外を見ている。

f:id:onsha:20180413134324j:image

車内の狭い空間に夫婦と犬。

そう、まるで映画「ハリーとトント」のように私達は同等だ。うちの犬はトントより頼り甲斐はないけど。

夜に外出されるのは変わらず苦手なようで、その際には相変わらずシートをビリビリにしたり、軽いパニックになるのかリビングをぐるぐる走っているが、帰宅すると「おかえりなさい、おかえりなさい、あーまた会えて嬉しい」と出迎えてくれる。

「出かけたからこんなにしといた」的な意地悪さが全くない。本来猫派の私は感心しきりである。

そしてビリビリシートを鼻先に突きつけると謝りまくる。可愛い。

展覧会や映画を観てお昼を食べたり、その後にゆっくりお茶や買物をしたり、という行動は「展覧会のみで帰宅する」が多くなった。

そんな小さな不自由も犬がいるうちは仕方ないし、いいじゃないか、と思うようになった。

このブログを読んでくださっている方はご存知かと思うが、思い立って「何か美味しいもの」を買いに行くのが好きな私の生活は一変した。

かといって手軽なものを買っている訳でもなく、既にご紹介したものを相変わらず買っている。

記事の更新が滞りがちなのはそんな理由だが、赴くことも続けて行くので、気長にお付き合いいただければ幸いである。

私はこの犬を愛してしまった。

片思いかもしれないが、私なりに間違いなく愛している。
健やかに毎日を過ごして欲しいと心から願っている。

お散歩中に会う犬たちや友人の犬と比べても、うちの犬が私にとってのNo.1だ。

そう、私は犬好きな訳ではなく、うちの犬好きなだけの愛犬家である。

おそらく最初の飼い主に可愛がられていたであろう犬に「何らかの事件」が起こり、保健所に持ち込まれ、ボランティア団体の手を経て我が家にやってきた。

犬は一年で7才くらい年を取るというから、推定5歳の犬は35才くらいでシアワセな生活が激変した訳である。

この一年の間にやや体調不良な日もあった。

過去が不明だから既往歴も不明。

大病でないことを願うばかりだが、たとえそうでも惚れた弱みで私が出来ることはしてあげるつもりだ。

人生も犬生も安穏なだけではない。

でもね、あなたの残りの犬生をお預かりしているから、どうぞ私達を信頼して元気に暮らして欲しい。

大好きだよ。

f:id:onsha:20180413140313j:image

#パン ビニュロンブラン他

購入場所: Pain des philosophes

お値段: ハーフ 1500円

f:id:onsha:20180404143732j:image

早い桜は葉桜になり、少し残念ではありますが、陽気が良くなり、まさに「陽」「気」。

暑いようにも思いますが、軽装で外にいて快適なのは有難いことです。

そんな日にはお散歩がてら買物に出かけましょう。

f:id:onsha:20180404144007j:image

今日の目的は神楽坂は東五軒町

昨年9月にオープンしたパン屋さんです。

パンの世界では有名な榎本哲さんという方のお店だそうで、店名は「哲」をフランス語にして「philosophes」と。哲学者のパンです。

結論から言うと、哲学者のパンはとても美味しく私好みです。

まず、題名の「Vigneron」はワイン製造者の意。

rougeは赤ワインで仕込み、blancは白を使用し、それぞれに合うフルーツ、ナッツがザックザク。一切れでもかなりの満足感。

f:id:onsha:20180404151913j:image

ハーフだと1500円、ホールだと2980円と肉みたいな値段ですが、下手なケーキを買うより集まりの席には役に立つようにも思えます。

パン底についている粉まで美味しかった。天晴れなパンです。次回はルージュを購入すると決意しました。

チョコにも特徴あるショコラは生地パリパリで320円。

f:id:onsha:20180404152028j:image

バゲットは三種あり、前回コンプレ(全粒粉)のドゥミを購入したので、今回はショコラと同じお値段の一番ノーマルなバゲットを購入しました。写真ありませんが、人間単純だから、これはもはやすごくお得な気さえします。

私はカリっとした食感が好きなので、クラスト(皮部分)が美味しく、クラム(白いとこ)がモチモチし過ぎていないバゲットが好みですが、こちらのハードパンはいずれもクラストが美味しいです。

美味しいパンが召し上がりたいなら是非一度。

周りにはあまりお店はありませんが、赤城神社や白銀公園が近くにあります。

#神楽坂ロール - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずの亀井堂も赤城神社脇にありますが、そんなにパンやらケーキやら買うのもねぇ、と今回は我慢しました。

陽の当たる坂道の途中の美味しいパン屋さん、品数は少ないですが、各パンの内容は充実。ワインのお供にもデイリーにも!

わざわざ買いに行くのも良し、神楽坂散策の際に立ち寄るのも良し。

やはり神楽坂はフランスに繋がっているのかもしれません。