読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#I❤️BOOKSTORE

小さな頃から本屋さんが大好きです。

いらっしゃいますか?

目的もなくぶらりと訪れて、本屋さんの棚を眺めているとなんとなく世相がわかります。

今なら

片付けしたい、パンが食べたい、日本酒に詳しくなりたい、引き寄せ体質になりたい、簡単に見栄えの良いお料理を作りたい。

そして痩せたい、お金を貯めたい、健康、生き方、自己啓発は永遠のテーマ。

手を変え品を変え様々なアイデアを教えてくれます。

出版不況な世の中、少しでも売れそうなテーマで美しい写真と情報で出版社の方々は努力なさっているなぁ、と思います。

今の健康的な生き方はモノが少なく早寝早起きで醗酵食品食べて腎臓揉んで柔軟な筋肉、って感じです。

思考にも「流行り」はありますから、しっくりくるものを選べばいいのだと思いますが、「あらあらあれも良さそう」とか「これも試してみようかしら」って思う時点でそこに迷いが生じています。

まだ紅茶キノコを飲んでいらっしゃるとか、酢卵を召し上がっているとか、それは一つの解決の継続です。

一方、それを見つけられずに不安やこれではいけない、と感じている現状があるとそれを解消、改善するために「何か」が必要ですね。自身で気付いて解決できれば一番良いのですが、そうもいかない浮世と日常。

大概のことはネットでも教えてくれるし、他者と会話することでヒントが得られることもありますが一人で本屋さんを一周するとなんとなく「こうしようかな」って気になります。

町の本屋さんが次々に廃業し、駅ビル上階にチェーン店の大型書店があるのが一般的な現状です。またはTSUTAYAさんのような「意識高い系」(使ってみたかったコトバ!)書店が、コーヒーや家電とセットで展開しています。

そう。本屋さん、昔に比べて敷居が低くなりました。立ち読み禁止で皆がなんとなく静かにしていた昔の書店、サザエさんに出てくるようなハタキで「立ち読み禁止ですよ。買わないなら早く出てってね」アクションされるような本屋さんは絶滅危惧種。文学全集置いてるような本屋さんも神保町以外ではなかなか見当たらない。

座ってコーヒー飲んで内容読んでもいいんですから。時代は変わったもんです。

でも丁寧に編集された雑誌とかをパラパラ見たり、好きな作家さんの新刊を装丁から楽しんだりするのはやはり本屋さんに行かなくては。これは図書館に行くのとはまた違う楽しみです。

そのせいか、イマドキの本屋さんには若い年代の方が多いですね。いいことですが、年配の方々はイマドキの本屋さんはあまり面白くないのかもしれません。

本屋さんも売れそうな本を中心に置くから前述したジャンルに注力しているし、雑貨店みたいな感じです。

とはいえ、魅力的な書籍全てに眼を通す訳にもいかないし、所有した途端に書籍は荷物にもなってしまうので、流行りの「持たない暮らし」からは遠ざかる。

ドミニクローホーさんの著者などと「今年こそ断捨離」「収納のススメ」的な本を買ってしまえばそれはテキストになりますが、もしかしたらまた荷物が増えるだけかも、というアンビバレンツな状況に。

テキストは有効活用し、必要なくなったら処分しなくては、と結局この繰り返しで日常は続いていくのだなぁ、と。

年配者は終活に向けて荷物を増やしたくない、という気持ちも働いているのかもしれません。

でも私は時々本屋さんに行きます。

減らしつつ増やしつつ、いっときを別次元に誘ってくれる読書を今も愛しているから。

「蔵書」になるか「荷物」になるかは私次第ですが。

今は無き良き書店だった銀座の近藤書店(ブックカバーが特徴的でした)や旭屋書店、出来たばかりの六本木のABCで深夜に覗いたエッジの効いた棚、高校生の頃、よく立ち寄った神保町の書泉グランデ御茶ノ水丸善など本屋さんにまつわる記憶が沢山。

さて、今回久々に六本木のABCに赴きました。

相変わらず素敵な棚作りです。

ラテンアメリカ文学とか、ね(通常は「外国人作家」と一括りにされていることが多いのです)。

今や書店で大きなスペースを占める料理関係の書籍も独自のセレクト。

エッセイも獅子文六氏の「食味歳時記」とか!

ここに夜中にいただけでクリエイティブな気になったあの頃を思い出しました。

入口にあったポスターです。またこの本屋さんに通おうと思います。

f:id:onsha:20170227220926j:image

2月も今日で最終日。

明日からは弥生三月、春になります。

皆様も是非お出かけください。

#KOIKEYA PRIDE POTATO

購入場所: 近隣コンビニ

お値段: 160円

湖池屋屋さんがこだわりポテトチップスKOIKEYA PRIDE POTATO|株式会社湖池屋を発売し、売れ行き好調な模様です。

国産のジャガイモを使用し、洗い方や切り方にも拘っていた創業当時の気持ちまで込めて、三種類の味で発売中。

今回は生産が追いつかない「魅惑の炙り和牛」味

f:id:onsha:20170215154940j:image

と「やっぱ湖池屋は海苔塩でしょ」の「秘伝濃厚のり塩」味

f:id:onsha:20170215155011j:image

以上二品を購入いたしました。

もう一品は「松茸香る極みだし塩」ですが、こちらはいずれ。

実は個人的にものすごくポテトチップスが食べたい気持ちが続いていました。

自身にスナック菓子禁止令を出したり、ちょっとだけ我慢したので、その飢餓感がすっぽり埋められました。出さなくてもいいんですけど。パリポリ。

そんな我慢強い私へのご褒美には少ない気もしますが、こちらは63gでそれぞれ約350キロカロリー。一枚の大きさが口にいれた時にちょうどいいです。ひょっとしてその辺も計算されていますね。ひとつまみを口に入れても、それほどはみ出す感じのない大きさです。既存品も60gくらいなので、おやつには適当な量、としておきましょう。一気食い、可能です。しちゃいけませんてば。パリポリ。

まず、売り切れ続出の「魅惑の炙り和牛味」。まるでコンビーフを食べているかのような「牛」な感じ。確かに牛好きには魅惑的。パリポリ。

「のり塩」は三種の塩と唐辛子を絶妙にブレンドしたそうで、既存の「のり塩」と比べると大変上品なお味です。パリポリ。

老舗湖池屋さん、経営体制を一新し、初の商品とのこと。売り切れ続出おめでたいことです。

老舗にあぐらをかかない挑戦は素晴らしいと思います。どうぞこの商品が既存品同様に10年後も棚にありますように。

さて嘘かホントかわかりませんが、ポテトチップス食べて安心な記事を最後に。プロアスリートじゃない方々はご自身の判断で。

【ELLE】医者がプロアスリートにポテトチップスをすすめるワケとは?|エル・オンライン

行け行けゴーゴー湖池屋ポテトチーップス♪

#ネコの舌

購入場所: 三木製菓@熱海

お値段: 205円

昨年末になりますが、急に熱海に参りました。駅ビルも新しくなり、大体の熱海のお土産はこちらで揃います。

駅前には高層マンションも建設中でタクシーの運転手さんも「ちょっと景気が良い感じ」とおっしゃっていました。

古くからのお店もそこそこ頑張ってるし、坂道が多く、陽射しが燦々の熱海はイタリアのサンレモと姉妹都市だったような。確かにすこーしだけイタリアな感じもします。

ポルトガルのカスカイス市とも姉妹都市なようで友好の証に贈られたジャカランダも「お宮の松」付近の海岸沿いに植えられていました。姉妹多いのね。

駅ビルでも入手可能ですが、海岸までぶらぶら降りて三木製菓>メニューで銘菓「ネコの舌」を買ってみました。

お店は新しくなっていましたが、ちょっとレトロな感じのケーキが沢山ショーケースに並んでいました。

 f:id:onsha:20161227090835j:image

f:id:onsha:20161227090927j:image

なんと懐かしい味わいでしょう。

これは銀の器に盛られたバニラアイスと相性良さそうです。

柔らかさも甘さもなんだか懐かしい。

付近には有名な歴史ある洋食店スコットも健在です。

f:id:onsha:20170213092326j:image 

小説みたいな町名。

f:id:onsha:20170213093931j:image

この日はこちらでお昼をいただいたのでスコットは次回に。

f:id:onsha:20170213093533j:image

天気が良い日で大島も綺麗に見えました。

f:id:onsha:20170213093101j:image

足を伸ばして来宮神社にもお参りし、御神木の周りをぐるぐる。

f:id:onsha:20170213093415j:image

昭和の香り漂う気になる看板などを眺めつつ、駅前で足湯に浸かり、駅ビルで好物の釜鶴の干物を買って半日トリップ。

f:id:onsha:20170213093827j:image

私が熱海に赴いた年末は、残念ながらまだ準備期間でしたが、MOA美術館 | MOA MUSEUM OF ART | MOA MUSEUM OF ARTもこの2月5日からリニューアルオープンしています。

海と国宝を眺めにふらりと熱海、いかがでしょうか。

#無花果とゴルゴンゾーラのタルト

購入場所: CREATION | BIEN-ÊTRE PÂTISSERIE パティスリー ビヤンネートル | フランス洋菓子 ケーキ 東京都渋谷区@代々木上原

お値段: 480円

f:id:onsha:20170206182451j:image

晴れてお天気が良かった日に原宿の器の展示会を覗いてから代々木上原在住の友人とランチ。

帰りに「ここのケーキ美味しいから!」と教えていただき、素直に購入しました。

たくさん魅力的なケーキが並んでいましたが、まずは「大人ならこれは買わなくちゃ」という組み合わせのこのタルトを。

タルト生地のサクサク感、油分、無花果の歯ざわり、その無花果をクッションのように受け止め、かつ、出しゃばらないクレームダマンド、ふっと香るゴルゴンゾーラの後味、すんばらしく美味しくいただきました。

最近は素朴なケーキが流行りですが、フランス菓子も良い素材を使っているとやはり美味しいものです。

さて、ランチ前に覗いたStyle Hug Gallery - Top -では石岡信之さんの可愛い小皿と村上雄一さんとおっしゃる方の綺麗な色のお皿に散財。あーあ。

f:id:onsha:20170206184456j:image

今回は作家さんの個展でないので、気に入った購入し易いものを選びました。レジで「これどなたの作品ですか?」と。こんな買い方も楽しいものです。

原宿から代々木上原には千代田線でブーン。

交通量の少ない井の頭通り沿いにはケーキを買ったお店Bien etre と

f:id:onsha:20170206185408j:image

今日ランチをしたミ チョリパン Mi Choripan -情熱の国アルゼンチンのソウルフード、チョリパン屋-が。

f:id:onsha:20170206185355j:image

楽しいお散歩でした。

代々木八幡から代々木上原あたり、ぶらぶらするには楽しいですよ。週末も比較的人出が少ないのでランチがてらいかがですか。お勧めします。

#ミレービスケットアイス

購入場所: ナチュラルローソン

お値段: 195円

f:id:onsha:20170131125502j:image

飛行機に乗ったり、街道を往ったり、遠くまで出掛けて豆を買っていた1月でしたが、近場にも行きます。

冬はアイスの季節。

コンビニにも限定アイスなど並んでいますが、今回はこちら。

親会社が一緒のナチュラルローソン成城石井で購入できる#ミレービスケット - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずのアイスです。

中にはビスケットが2枚乗せられております。

f:id:onsha:20170131130058j:image

1枚食べちゃった後ですが。

他のコンビニと差別化を図るナチュラルローソン、独自の世界観は伺えますし、接客も丁寧で私はわりと好きですが、どの店舗も空いているのが若干気にかかります。

私がナチュラルローソンファンなのは、もともとそれほどコンビニのパンやらオニギリ、お惣菜を買わないことと、冬場のオデン臭がないのも一因かもしれません。

生ハムなんて売ってるし、野菜も大地の会なんてとこのを24時間買えるし、薬局もついてるし、いざという時には便利ですが、成城石井の位置付けも含めこれから難しくなる気もしております。

何のデータも見てないので順調ならそれに越した事はないのですが。

さて、両店共通の独自扱いのアイスは前にもご紹介した#桔梗信玄餅アイス - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずなどもあり、かなり力を入れているように思います。

さっぱり和風のアイスたち、暖かくしたお部屋でお番茶と一緒にいかがでしょう。

爆発的には売れていないようですが、地方の良心的な名店の品、気軽にいただけるのはありがたいこと。

アイスのバイヤーさん、癖のある好みですが密かに応援しています。

皆さまも是非!

あっという間に1月も最終日。

恵方巻のノルマきついコンビニ業界で、やや我が道を行くナチュラルローソン

迷走せず、ローソン兄さんとイトコみたいな成城石井くんと上手くやってしっかりした立ち位置を築いて欲しいもの。

「何買うのよ、あんた」と聞かれれば化粧品とアイスですね。無くなると困りますから。

頑張れナチュラルローソン

#塩味付き落花生

購入場所: 豆友ホームページ | 豆友 西湘二宮町の豆菓子

お値段: 1210円@200g

久々に寒川神社に詣でました。好天の中、西湘をドライブし帰り途に二宮に立ち寄りました。

何故かというとこちらに落花生の名店があるからです。落花生、いわゆるピーナッツですね。

落花生は千葉の八街が名産として有名ですが、神奈川県の秦野も産地です。

二宮の豆友さんは多分秦野の落花生を煎っていらっしゃるのだと。

 f:id:onsha:20170123091932j:image

たかがピーナッツ、ですがその辺のものとは明らかにコクが違います。

塩気もいい塩梅。

美しいお豆は手剥きだそう。

自炊でもそうですが、丁寧な下処理は美味しさに繋がります。

節分の時期だけ発売されるお砂糖をまぶしたお豆もありましたが、 個人的に甘じょっぱい味が苦手であまり食指が動きませんでした。

ご近所の方がちょうど同じ時間にいらして

「あら、これもう出たの?じゃあ5袋ちょうだい」とおっしゃっていましたので二宮あたりでは季節の人気商品なのでしょう。

塩味付き落花生は小粒と大粒があり、今回は大粒を購入しました。

創業は大変古く、百年を越える老舗でいらっしゃいます。

東海道からちょっと入ったところにお店がありますが、一見事務所のようで店舗には見えません。

無駄なところにお金をかけず、お店では年配のお父さん?と息子さん?のような方々が対応してくれます。

落花生の塩気と同じくいい塩梅に経年しているお店です。

 東海道国道1号となり、いまや幹線道路ですが、古い街道は景色に風情があるもの。

街道に佇むと、その成り立ちや目的が、都市間の物流であれ、寺社参拝であれ、往来が盛んで整備され、そこに旅館やお店が出来た名残や意味、大げさに言えば街道として選ばれた「地霊」が感じられます。

中でも西湘あたりの東海道は明るく、「これなら京都まで歩いても楽しいかも」と思わせる道。

大変におこがましいですが、司馬遼太郎さんの気持ちが分かる一日でございました。えへへ。

豆友さんは江戸までは遡らないけれども、地霊に守られたお店のような気がします。

こちらの包装紙も殊勝なデザインでございます。

自論でございますが、包装紙も良い店はホントにいいお店です。

 f:id:onsha:20170126085618j:image

最初にこちらを知ったのは、昔女優さんだった方からいただいた10年ほど昔。齢90にならんとすAさん、今でもお元気です。お豆は身体にいいのかしら。

図らずもナッツが続きました。ぽりぽり。

#藻塩ヘーゼルナッツ

購入場所: りんごカフェ | 沖縄県国頭郡 マカロン・焼き菓子・ケーキ&パイ@瀬底島

お値段: 300円

年初の三連休を利用して沖縄に参りました。

沖縄といっても那覇ではなく、私が参りましたのは本島北部。やんばると呼ばれる地域にあります名護や瀬底島に滞在しました。

目的は趣味であるSUPというマリンスポーツ。初乗りを暖かい地で、というちょっと贅沢な旅。

その合間に沖縄の美味しいものを食べたり飲んだり。お正月太りが加速しました。

りんごカフェは現地に詳しい友人ご夫妻が朝ごはんの予約をしてくださり、初訪問。

f:id:onsha:20170111120553j:image

瀬底島の古民家を改装し、素敵なカフェが出来ていました。

f:id:onsha:20170111120707j:image

朝食は予約制ですが、何故かというとクロワッサンを焼きたてで出してくださるから。

f:id:onsha:20170111120833j:image

パリッパリでサックサク。

バターもたっぷりですが軽くて美味しいのなんの。東京の有名店にもまったく引けを取りません。

むしろ勝ってるかも。

それもそのはず、パンやお菓子を焼いているのはフランスはノルマンディーご出身の筋トレオタクのバンサンさん。ラデュレグルニエドールという日本にも進出している銘店で修行なさった方。日本語ペラペラ。

なので、ケーキも素晴らしく美味しい。

f:id:onsha:20170111121444j:image f:id:onsha:20170111121503j:image

島バナナのロールケーキとフランボワーズチョコ。

こんな完成度の高いケーキが沖縄の、しかも瀬底島でいただけるとは。

瀬底島に来る前は宮城県塩釜市でお店をなさっていたそうですが、グーグルアースで瀬底島が気に入り、物件を見つけてご家族で移住なさったと。

いろいろびっくりしますが、美味しいし、元気で気持ちの良いご夫妻でした。

ラデュレにいらしたからか、種類豊富なマカロンもあり、焼き菓子やマカロンは発送もなさっています。

カロンのフレーバーにも地元の食材を使ったものがたくさん。泡盛、シークァーサーなどに加えて宮城県のオヤツ、ずんだ味などもあります。

この日も近所の方が色とりどりのマカロン詰め合わせを買っていかれました。地元でもすっかり人気店。

 私が購入したのはこれだけは奥様手作り、というナッツに藻塩がまぶされたもの。ヘーゼルナッツとアーモンドがありました。

このヘーゼルナッツの軽さがやみつきになります。

f:id:onsha:20170117160120j:image

ちょっと遠いけど近くにいらしたら是非。

沖縄旅行の予定のない方はお取り寄せもできます(お取り寄せの場合はケース入りですので少しだけお値段上がります)。

しかし、大寒波、頑張ってますね。暖かい沖縄、また行きたいものです。

皆様お風邪を召しませぬよう。