読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

焼き鳥

購入場所: 伊勢廣@日本橋高島屋地下
お値段: 団子、ももは一串300円。手羽先は一串330円

長く感じた寒い冬もそろそろ終わり、お花見の季節。
花を愛でながら美味しく飲み食い。
日本の楽しい習慣です。
焼き鳥は花見でなくとも、かなり好きなメニューですが、テイクアウト焼き鳥界の上位にこの伊勢廣が君臨している気が。
本店は京橋ですが、赤坂ニューオータニ、銀座、帝劇に支店があります。
売店は日本橋高島屋の地下のみ。
お店だとお土産セットがありますよ。
焼き鳥は冷めても冷めたなりにさみしく美味しい食べ物ですが、こちらの焼き鳥も冷めても炭火の風味が感じられます。おそらく鶏肉自体の脂が良いと冷めても美味しいのでしょう。再加熱しないで召し上がってください、とお店からも私からもお願いします。
高い、っちゃ高いですが、一串のボリュームもあり、満足できます。
塩とタレも選べます。
私はかなりの塩派、なので塩、塩、塩。
まだ血圧低いのでこのままいきます。
中でも偏愛している「団子」。ちょっと中がピンクですが絶妙な火の通り加減ですので心配なし。
通常「つくね」と称されますが、伊勢廣では「団子」。山椒の実が入っています。あゝこの食感がたまらない。
お子ちゃまにはあげないよ。
焼き鳥、きちんと店舗でおみやにするか、もしくは鶏肉屋さんで売っている美味しいやつを選びましょう。サザエさんで波平さんやマスオさん、穴子さんが持ってるおみや、あんな感じがいいですね。
花の下でもおうちでも。
焼鳥はやっぱり日本酒と。花冷えの露天では熱燗もいいですね。
ビバ焼き鳥!
f:id:onsha:20140209210311j:plain