読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

ホワイトチョコレートヘーゼルナッツパイ

購入場所: #Little Pie Factory @ 広尾
お値段: 450円

ある晴れた日、広尾を通るたびに気になっていたパイ屋さんに赴きました。
かねてよりパイ好きを自認しているので一度この口で試してみたかったのです。
オープンは昨年11月。

昼下がりの店内はお客様もお店の方も女子100%でした。
確かに小ぶりな可愛いパイたちは男性のお腹を満たすには物足りないかもしれません。
セットメニューもなく、サラダなどもサイドメニューにはありません。
店内には大きなオーブンが2台あり、次々にパイが焼きあがります。
魅力的なフィリングがたくさん。
かなり迷いましたが季節メニューの本品を選びました。

上にちょこりんとヘーゼルナッツ。
f:id:onsha:20150203191334j:plain
パイはサクサク。中身はペースト状のナッツとホワイトチョコレート‼️うひゃー。
甘いけどこれは絶妙な大きさ。
f:id:onsha:20150203191846j:plain
お店で食べたミートパイ。こちらは380円。これもスパイスが効いて独特でなかなか。この肉汁の感じは小籠包の製法を引用しているに違いない。
f:id:onsha:20150203191350j:plain
フィリングがしっかりした味付けですので、塩分も糖分も過多な気もしますが、薄味のパイは其れ程美味しいものとも思えず、これはこれで良いのだと思います。
食べ過ぎは禁物。
毎日買いには行かないけど、近くに行ってしまったらまた違う種類を買ってしまう気がします。

パイメニュー
お土産にいいサイズとお値段。種類も豊富です。
クラムチャウダー、なんて冬の朝ごはんにうってつけです。
f:id:onsha:20150203191407j:plain
広尾に出店したところを見ると海外でブレイクしたお店のライセンス店かと思いましたが、経営は外食産業を手がける「クリエイトレストランホールディングス」という会社です。
おおっ、やはり南翔饅頭店もグループ会社でした。小籠包テクはグループ間の情報交換によるものでしょう、って大袈裟な話にしなくてもいいですね。
バックボーンから考えると、いつかチェーン店化するやもしれませんが、今はこちらのみ。
ナショナルスーパーや有栖川公園の近くです。前はやはり同社関連のAWキッチン系のピッツアハウスでした。
この物件、きっとグループの業態テスト店舗なんですね。

遅い時間は売り切れるものもあるようですので、是非明るいうちにお買い求めください。

予約も可。ただし30個から。
ほとんど楽屋見舞いですね。
f:id:onsha:20150203191419j:plain