読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#カレーパン

購入場所: #フレンチベーカリー @旧軽井沢銀座

お値段: 162円
 
軽井沢に行くと人間は早起きになるようです。
朝7時には旧軽銀座を挟んで営業している2軒のパン屋さんの前はパンを求める車で大渋滞。

一軒は都内にも出店している浅野屋さん。
そしてもう一軒が「ジョンレノンの愛したバゲット」で有名な地元のパン屋さんhttp://www.french-bakery.jpです。
双方それぞれ美味しいパンがありますが、惣菜パンならフレンチベーカリー。
揚げたて、出来立て、のフレンチベーカリーのカレーパンはかなりのレベル。
もしあなたが「カレーパン好き」なら、こちらで一度召し上がってください。
 
まず生地が薄い。
写真でもカレーが透けて見えていますが、カレーは中身としては重いので、他店のカレーパンは包んである生地がもう少し厚みがあり、しっかりしています。
生地はカリッとしていて中のカレーも凝り過ぎず、辛すぎず、どなたにも美味しいカレーです。
例えば朝ゴルフ場やドライブに向かう車中での朝食にはうってつけ。
そしてこのお値段。観光地にしてはありがたい価格です。
 
他の商品も魅力的なものがあります。
大きなアップルパイ(アリュメット)は店頭に並べてあるものの「自分では取らないでください」とあります。大きくて移動しづらいからですね。
カスタードと大きなりんごが入った別荘族御用達のおもてなしのパイです。お呼ばれすると振る舞われたり、お土産にお持ちしたり。
これも凝り過ぎておらず美味しいです。1,000円程度なのはお買い得。
「塩クロワッサン」もこのお店特有のパン。何にでも合いますが、近くにあるデリカテッセンのコンビーフと一緒に食べるのがお勧めです。
 
軽井沢は古くからの別荘地でもあり、美味しいお店もたくさんありますが、アウトレットと別荘所有者の代替わりで町が一変しています。
車で移動するのが前提になり、ぶらぶら歩くことがなくなったからか、旧軽銀座の夜の寂しいこと。

フレンチベーカリーはなんとなく商品もお店も賑やかだった往時を思い出せる、そんなお店です。
今年は土屋写真店もGW期間お休み、で古くからのお店がだんだん減っています。

ジョンレノンさんもご存命なら寂しく思うかもしれませんね。
f:id:onsha:20150504081615j:image