読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#山荘 無量塔 の #柚子胡椒

購入場所: 福岡空港岩田屋売店
お値段: 648円

昨年の今頃も柚子胡椒について書きました。
その後、私は有言実行し、あるイベントで柚子胡椒を手作りいたしました。
青柚子の皮をそれは薄く薄く剥いて刻み、塩と唐辛子を混ぜていきます。
皮を使うので無農薬の青柚子を使いました。
でき上がった柚子胡椒は市販のものより塩分控えめ、でフレッシュ。少し馴染ませ10日程度日をおいて、いただくことが出来ます。
とても美味しく出来ましたので、すぐになくなりましたが、食べる度に作れるようなものではないことを実感いたしました。
とはいえ、材料は簡単なもの。市販のものは塩分を強くしている程度で、比較的保存料や添加物は少ないものでしょう。
あとは原料の青柚子や唐辛子にどこまでこだわるか、です。
柚子胡椒、九州の調味料ですが、胡椒は一粒も入ってないのに何故この名称なのでしょう。
昔、九州では本州でいう唐辛子を胡椒、と称していたそうです。
「唐辛子」が「唐を枯らす」を連想させるのでお隣に気を使ってその名称だったとか。
昔からいろいろ気を使っているのにぃ。
なので柚子と胡椒で柚子胡椒に。
勉強になりますね。

さて、そんな柚子胡椒を大分は湯布院にある高級旅館 山荘無量塔ブランドで発見。どれ位高級かというとこんな感じ。
高いっちゃ高いですけどね。
円安の現在、海外の同レベルのホテルよりコスパはいいのでは。
で、どうやらそちらには洗練された売店があり、この柚子胡椒やちょっと巷で流行っている「お肉にはこれよね」の「粒マスタード各種」や枕からシャンプーまで無量塔ワールドのお土産が買えるようです。

瓶を開けた瞬間の香りがとても良く、市販品ではかなり美味しい柚子胡椒です。
もし柚子胡椒がお好きなら、是非一度お試しください。


にしても岩田屋売店、押さえ所が絶妙です。
福岡空港にいらしたら是非!
f:id:onsha:20150308010548j:plain

f:id:onsha:20150308010600j:plain