読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#earthbowlsalad

購入場所: CRISP SALAD WORKS - HARVEST TIME HAS COME.@麻布十番
お値段: 1260円

天候不順が続いた夏から今日に至り、お野菜価格が上がっております。
私の通うスポーツクラブのサウナで
「野菜あがるわね。特にシーザーサラダなんて買った方が安くなっちゃうわよ」とお一人がおっしゃいました。
海外にもお家を所有するような資産家のその方の経済感覚に感心しながら
「そうかも」と思っておりました。
おっしゃる通り、ロメインレタス、チキン、チーズアンチョビなど揃えて買ったらわりと大変かも、なシーザーサラダ。
でも食べ応えもあるし、軽く済ませたい時にはボリュームのあるサラダは便利なもの。
そんな気になった週末、十番でサラダを買いました。
厳密にはシーザーではなく、ベースはほうれん草。ワイルドライスやらローストチキンやらいろいろ入って、これを目の前でチョップしてくれます。
カロリーも表示してあり、たんぱく質が入らなければ1000円以下です。
お店は商店街から外れた場所にありますが、夕食時だからか沢山のforeignerでいっぱい。
日本ではないような空間です。
サラダ以外はないので、飲み物メニューがいくつか。ビールやサングリアなどのアルコールメニューもありますが、健康志向の方々が集うのであまり召し上がっている方はいらっしゃいません。
これは商業ビルに入っているとなんだか良くない感じになるお店に思いますが、路面店で無機質な店内に大きなテーブル、沢山の野菜やじゅうじゅう焼いてるチキンなどが目を楽しませてくれます。
列に並ぶ際には注文するメニューを心に決め、矢継ぎ早な質問に答える準備をしてください。
そう、昔のウェンディーズでのハンバーガーのオーダーやビザを頼む時のあの緊張感です。
「アレルギーなどはありますか?」
「ベースは二種類選べますが?」
「トッピングは?」
「ドレッシングはオススメでよろしいですか?」
「こちらであえてしまってよろしいですか?」
そして最後に
「店内ですか?お持ち帰りですか?」
質問に答えきって会計を終えればやっとサラダが手に入ります。パンとスープでもあれば立派な一食になります。
ちょっと高級な料理上手な友人が作ってくれたようなサラダ。野菜高騰の今、知っておいて損はありません。美味しいです。
f:id:onsha:20150928085417j:image
ちなみにシーザーサラダ発祥はメキシコのティワナ。
ギリシャや地中海ではありません。