読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

ジャンボ焼売

おかず
購入場所: やじ満@築地市場場内
お値段: 150円@1個

秋晴れの平日に築地市場に赴きました。
場外で江戸一さんに寄り、お土産に最適な品々を買い込み、ぶらりと場内に足を向けました。

昼時の場内は観光客はもちろん、仕事を終えた方々や近隣のサラリーマンやOL、お買い物帰りのグループで大層な賑わい。
青空の下、雑多な人種や職種の人々がニコニコと集う風景はなかなか良いものです。
市場だけにお寿司屋さんや海鮮系のお店には長い列ができております。
f:id:onsha:20151010143745j:image
行列を横目で眺めつつ、築地ぐるめ〜築地市場の中魚がし横丁の大飲食店街 8号館 中華 やじ満で焼売を買って帰ることにしました。
f:id:onsha:20151009133416j:image
個数は自由に買えますが、収まりのよい六個を買いました。
f:id:onsha:20151010151602j:image
これをおかずの一品に。
セイロで蒸します(レンジ加熱は水分が飛んで固くなるので、時間に余裕がある場合はセイロを使っています)。
蒸された焼売さんたちも高揚してうっすらピンク色に。
練りに練った餡はもはやペースト状。家庭ではなかなかここまで練れません。
とはいえ、ジャンボなだけに噛み応えは充分です。

お味も昔からの日本の味。あっさりしています。
辛子がバツグンの相乗効果をかもし出す焼売です。
f:id:onsha:20151010144427j:image

これから暮れに向けて築地にいらっしゃる機会があれば、どうぞ場内の「やじ満」で季節の名物「牡蠣ラーメン」か、定番メニューの「ニラそば」を召し上がってください。
そしてお土産には「ジャンボ焼売」をお忘れなく。
朝は4時半からですがお昼は13時で閉店です。
市場ですからね。