読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#ハイクラウンチョコレート

甘いおやつ
購入場所: 東京駅グランスタ地下期間限定ショップ(2016/2/28出店終了)
お値段: @238円(8種類)

ハイクラウン。
若い方はご存知ないかもしれません。
それは板チョコではなく、一本一本が銀紙で包装されたチョコレートが4本、タバコ大の箱に入っていたチョコレートの名称です。
確かに最近見ないなあ、と思っておりましたが、バレンタインの時期に復刻しているのを見つけました。
森永製菓の創業者、森永太一郎さんのお名前を冠した「TAICHIRO MORINAGA」という新たなブランドで満を持しての復刻です。
ロゴは太一郎さんのサインかお名前をデザインしたものでしょうか。
f:id:onsha:20160219121706j:image
今回は昔からの味のリニューアルに加えて全8種類の発売。
試食して美味しかった新しい味の「ピスタチオ」が入ったセットを購入しました。
左に置いた虎屋さんの羊羹ポケットサイズと大体同じ大きさです。
ネットでの販売も現時点ではないようですが、2月28日までは東京駅グランスタ地下に、3月4日から14日までJR品川駅エキュート内に出店する模様。
ハイクラウンロリポップなんてのもありますし、それ以外の商品にも力が入っています。
JRを使う方、覗いてみてください。

昭和世代のホワイトデーのお返しにハイクラウンを差し上げると
「わー懐かしい」と喜ばれるかもしれません。
昔のパッケージはこんな感じでした。
「ハイ」とつく位なので、ちょっと高めの製品でした。そのような戦略だったようです。
森永ミュージアムから引用します。

先日、#贅沢しょこらバウム - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずで「治一郎」さんをご紹介しましたが、今回は「TAICHIRO(太一郎)」。
どうも洋菓子界はそんな潮流のようです。
次の「○一郎」に期待します。

寒暖差の激しい毎日ですが、春の気配はちらほら。
体調管理に気をつけて今週も頑張りましょう。