読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#とん蝶

ご飯

購入場所: 新大阪駅構内でお土産に買ってもらいました。

お値段: 335円

 f:id:onsha:20161215170329j:image

わーい。初とん蝶!

とん蝶って何?と思う方、こちらでございます。

御菓子司 絹笠 Home Page

絹笠さんは和菓子屋さん。お茶事のお菓子も作っていらっしゃいますが、東京でいうと虎屋と亀屋万年堂のハーフ(どんなや)みたいな位置付けでしょうか。洋風のお菓子も作っていらっしゃるようです。

f:id:onsha:20161219082001j:image

とん蝶、それはふるさとの景色に飛ぶ「とんぼ」と「蝶々」から名付けられたらしい素朴なおにぎり様の蒸しおこわ。

もち米に大豆と塩こぶ、そしてカリカリ梅が埋め込まれています。

やっと会えたね。君の名はとん蝶。

他の味も食べてみたい欲求がむらむらと湧き上がります。

が、なんといっても賞味期限が短い。大阪は遠い。

夏場は19時、冬場はかろうじて22時。

在阪でない場合、夏場のお土産にはほぼ推奨不可ですね。

大阪の職場の差し入れや法事のオヤツにはいいかもしれません。当面そんな予定もないですが。

そんなことで存在は気にしていたものの、口にする機会がなく、焦がれておりましたが、今回幸いにも家人の努力により我が家に。

本当はお正月も近いし岸澤屋の黒豆甘煮 - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずもお願いしたのですが、営業時間が合わずに残念無念。

いつもマニアックな要求にとほほな家人ですが、一人で食べる訳ではないからこれからもよろしくお願いしたく。

でも551も好きだし「ええもんちい」も好き。

お土産はなんでも嬉しいものです。ありがとう。