読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#ミレービスケットアイス

甘くて冷たいもの

購入場所: ナチュラルローソン

お値段: 195円

f:id:onsha:20170131125502j:image

飛行機に乗ったり、街道を往ったり、遠くまで出掛けて豆を買っていた1月でしたが、近場にも行きます。

冬はアイスの季節。

コンビニにも限定アイスなど並んでいますが、今回はこちら。

親会社が一緒のナチュラルローソン成城石井で購入できる#ミレービスケット - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずのアイスです。

中にはビスケットが2枚乗せられております。

f:id:onsha:20170131130058j:image

1枚食べちゃった後ですが。

他のコンビニと差別化を図るナチュラルローソン、独自の世界観は伺えますし、接客も丁寧で私はわりと好きですが、どの店舗も空いているのが若干気にかかります。

私がナチュラルローソンファンなのは、もともとそれほどコンビニのパンやらオニギリ、お惣菜を買わないことと、冬場のオデン臭がないのも一因かもしれません。

生ハムなんて売ってるし、野菜も大地の会なんてとこのを24時間買えるし、薬局もついてるし、いざという時には便利ですが、成城石井の位置付けも含めこれから難しくなる気もしております。

何のデータも見てないので順調ならそれに越した事はないのですが。

さて、両店共通の独自扱いのアイスは前にもご紹介した#桔梗信玄餅アイス - オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せずなどもあり、かなり力を入れているように思います。

さっぱり和風のアイスたち、暖かくしたお部屋でお番茶と一緒にいかがでしょう。

爆発的には売れていないようですが、地方の良心的な名店の品、気軽にいただけるのはありがたいこと。

アイスのバイヤーさん、癖のある好みですが密かに応援しています。

皆さまも是非!

あっという間に1月も最終日。

恵方巻のノルマきついコンビニ業界で、やや我が道を行くナチュラルローソン

迷走せず、ローソン兄さんとイトコみたいな成城石井くんと上手くやってしっかりした立ち位置を築いて欲しいもの。

「何買うのよ、あんた」と聞かれれば化粧品とアイスですね。無くなると困りますから。

頑張れナチュラルローソン