読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

はんぺん

おかず
購入場所: 神茂@恵比寿三越
お値段: 410円

はんぺんは高タンパクで低カロリーな日本古来の食品。
あと一品、おかずが足りない時も立派に役割を果たしてくれます。
神茂(かんも)は、元禄創業の日本橋の練り物屋さん。320年、練り物一筋。
この「手取りはんぺん」は青ざめとヨシキリザメが主原料。
あ、ちゃんとしたはんぺんの原料は鮫ですよ。鱈じゃありません。

サメ、臭いし怖いし、食べるとなると勇気がいりますね。
おそらく320年前にはかなりの試行錯誤があったことでしょう。
なんと、フカヒレは江戸幕府の輸出品でもあったようで、ヒレをとった後の副産物のサメちゃんの処理を考えて、はんぺんが誕生したようです。ちなみに静岡以西だとはんぺんはさつま揚げのような食品です。ふわふわはんぺんは江戸っ子。
サメちゃん、こんなにソフトなはんぺんに生まれ変わってくれてありがとう。

関東大震災までは日本橋に河岸があったので水産加工業が発展したのでしょう。神茂の本店が日本橋なのもその名残りですね。扱いも三越や髙島屋、と敷居の高い百貨店中心です。
HPの受け売りですが、商売を広げすぎないのが家訓のようです。どうぞ引き続き守っていただき、コンビニとかに進出しないでね。
320年、はんぺんで頑張るのは大変だったと思いますが、近所のスーパーに置いてあるはんぺんと比べると値段も倍から3倍近く高いとは言え、明らかに弾力や滑らかさが違います。はんぺん自体の味も◎。
でも珈琲一杯のお値段です。お試しください。
ただ練り物はわりと塩分が高いので食べ過ぎには注意です。
粘り、いわゆるツナギには塩が必要なのです。(ハンバーグや肉団子、つみれ等も同様にまとめるには塩の力が必要です。)

真ん中が盛り上がった独特の形は手取りならでは。
椀だねでもおでんでも勿論ですが、バタ焼きで醤油をちょろっとかけていただくのもローカロリーは台無しですがお勧めです。
形の違う少しちいサメの「半月」という商品もあります。
f:id:onsha:20140114210159j:plain