読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

CHOCOLATE…「Ma Bonne 」

購入場所: ショコラティエ エリカ

お値段: 1260円
 
水や土が少なくても美しい花を咲かせるエリカ、が店名の由来とHPで拝見しましたが1982年の創業以来、美しく咲きほこっているチョコレートショップ。ペパーミントグリーンの箱と葉っぱ型のミントチョコ、ハート型ホワイトチョコはバブル初期の日本の手土産界に颯爽とデビューしました。
今でも2/14前にはショップにたくさんの女性で列が出来ます。他に店舗がないので入手は通販か、赴くしかありません。エリカの紙袋を提げた方々が付近の駅に増えるのも一種の季節感。
 
マボンヌはエリカの看板商品で、今回の「ミニ」(5×5×15cm)、「バー」(4×4×38cm)、「ブロック」(4×10×26cm)
の3つのサイズがあります。
容積に比例してお値段もあがります。
クルミとマシュマロが入ったマ・ボンヌは切り分けていただくチョコレート。
切る時に出る小さなカケラも集めて食べちゃいます。見ると嬉しくなるチョコです。入っているのはアメリカンなものにも関わらず、周りのミルクチョコが日本独特のミルク具合の美味しいチョコ。
 
14/Feb/2014のトーキョーは大雪のバレンタインデイ。
遅くまで外にいましたが、雪の中、無事に帰宅しました。
帰り道の木に積もった雪が街灯に映えてキレイでうっとり。
 
週末の深夜のチョコ、最近お気に入りのOLD PARRのハイボールと。
ソーダは絶対WILKINSONで。
 
f:id:onsha:20140215233219j:plain