読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

加島屋の鮭茶漬&いくら醤油漬

おかず
購入場所: 新宿高島屋地下催事
お値段:  822円

シャケフレーク、各種ありますが、私は新潟の加島屋がやはり好きです。
あのしっとり感と塩の塩梅、思い出しただけで白飯一膳いけます。焼酎が原料に入っているのが決め手でしょうか。
壬生菜のオコウコと一緒にいただくのがお気に入り。新潟meet京都。
私はお茶はかけません。

だいたい家庭用の袋入りを買いますが、今回こんな詰め合わせを見つけましたよ。
シャケといくらの小分けパックが2つずつのセットになってます。
そう、ご飯さえあれば親子丼が出来ます。素敵です。難はお代わり禁止なこと。
食べ過ぎは良くないですからね。一膳で我慢しましょう。
袋入の家庭用パックは食べ切るには微妙に量が多いし、確か1200円位なのでなんだかケチくさい食べ方になり、大事にしているうちにカピカピな部分が出てきたり、と悩むところでした。瓶買えよ、って話ですね。
ECOの観点からは如何なものかと思いますが、食べ切れるということを考えるとお許しいただきたい。
個人的には待ってました、な商品です。
15cm×15cm位の箱入りです。
ありがとう加島屋さん。
但し、こちらの商品は催事の特別提供品に該当するようですので、便利ですが通常購入は不可かもしれません。
HPには出ていませんので百貨店地下の加島屋をチェックしてみてください。
保冷剤と一緒にお持ち歩きも可、ですからお弁当でも海鮮親子丼がいただけます。
核家族化する日本の家庭に絶対売れると思います。
加島屋さん、よろしくお願いします。

f:id:onsha:20140522220302j:plainf:id:onsha:20140522220424j:plain f:id:onsha:20140522220348j:plain