読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

黒蜜プリン

甘いおやつ
購入場所: マーロウ@逗葉新道店
お値段: 756円(ビーカーは200円でリサイクル)

マーロウは車で出かけると良く目にするのですが、ハマのそごう以外はたまたま私の行動範囲に存在してくれている、ということが商品と一緒にいれてくれるパンフレットを見てわかりました。
マーロウは秋谷に本店のあるプリンで有名なお店です。他に葉山と逗葉新道に店舗があり、プリンのみの売店が横浜そごうと逗子商店街にあります。
チャンドラーの小説の主人公の探偵、フィリップ•マーロウに扮したボギーことハンフリー•ボガートが日本でなぜかプリン容器に。
プリンは卵を使っているからか、男性がわりと好きなおやつです。
私はプリンにあまり目の色が変わる訳ではないのですが、こちらのプリンは量も多く、満足感が味わえます。
値段はリサイクルのビーカーを含め700円〜とランチ一食分くらいですから満足したいとは思います。
一時期から流行しているトロトロ系でなく、卵のチカラでしっかりしているプリンです。ハードボイルド。ボギーだもの。
種類も多いのですが、私は黒蜜が好きです。クリームチーズ、ティラミスもお気に入り。
黒蜜はラム風味がほんのり。
卵好きな方はシンプルなプリンからお試しください。
今なら父の日に向けてラムレーズンとウィスキーのプリンが発売中。そそられます。蒸留酒と卵、生クリームは相性が良いですね。
一つ買うのもなんなので、つい2つ買いますが1500円プリンに消えることに多少疑問を感じます。
2つずつ買うと、いつの間にか容器が溜まりますがお店に持っていくと@200円で回収してくれます。
で、また買っちゃうプリン無間地獄に。
でもいいや。逗葉新道店にはお友達のKちゃんがバイトしているので、また地獄に落ちる夏にします。いつかこちらのジャンボプリンをデザートに女子会でもしたいものです。
f:id:onsha:20140427213428j:plain