読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#Van gogh vodca

購入場所: #伊勢丹 @新宿 地下酒類売場
お値段: 600円(ミニボトル)

今年もバレンタインが近くなりました。
3つで4500円のトリュフとか1枚2000円を超える板チョコ(今年は流行りで「タブレット」とか「バー」とか称しています)が各メーカーに溢れています。
獺祭入りのトリュフなんてのもありますよ。
選ぶのもややげんなりするチョコブーム。
好きなだけに困ります。

伊勢丹サロン・ド・ショコラなんて催事を企画してくれるので「これはっ‼️」というチョコがあるに違いないと赴きました。

まだピークではない雑踏の中、チョココーナーを一回りし、決め手のないままトボトボと帰宅を決意した瞬間、酒類売場でこいつに出会いました。
試飲してみました。そしてたちまちに胃の腑がカーッとなり確保↓。

f:id:onsha:20150205003157j:plain

世の中いろいろな物があるものです。
オランダからやってきたゴッホ風の絵がボトルに描いてあるvodka。
ゴッホアールヌーボーがミックスされた感じですね。
まあ、そのままゴッホの絵を使うのはいろいろ問題もあるでしょう。
繋がりは蒸留所が位置し、ゴッホの出身地であるオランダ、ってことですね。

昔オルセーやMETでゴッホの絵を見た時、醸し出すパワーに「肉食民族の絵だ」と感じました。
このボトルの絵も綺麗ですけどパワーは其れ程でもありません。

今回はバレンタインなので #リッチダークチョコ のフレーバーをギフトにします。
小さな瓶は詰め合わせも可能。
お酒の好きな男性にいかがでしょう。
ザクロやダブルエスプレッソのフレーバーにも興味あります。
私、蒸留酒とビオワインなら少々いただけるのです。ふふふ。

初上陸の新製品ではないようですので、ご存知の方はご存知かもしれませんが、なんせほぼ下戸の不調法なものでまるでアイスのようなフレーバーの多様さに感激しております。
デザートやお料理にも使えそうですよ。

今年のバレンタインは土曜日。
チョコ渡してデートして一緒に飲んじゃいますか。くーっ。
そしてこのリッチダークチョコのミニボトルは絶対に品薄になりますよ。
業者の回し者ではありませんが、お急ぎください。新宿伊勢丹地下にて14日まで試飲もやってます(なぜか女性ばかり)。
お車でなくお出かけください。可愛い顔してVodcaですからね。