読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

MANOA Chocolate bar

購入場所: WHOLEFOODS KAILUA店@OAFU
お値段: $6.99
f:id:onsha:20150618084843j:image
久々のハワイ、現地在住の友人にカイルアに連れて行ってもらいました。
アラモアナショッピングセンターとは違い、お店は点在していますが、センスの良いお店が多いです。
f:id:onsha:20150618092207j:image
アラモアナほどの規模ではないですが、大きなモールもあり、その中にWHOLEFOODSもあります。
WHOLEFOODSはオーガニックにこだわった商品構成のスーパーでお値段はちょい高め。
円安なので$が100円近辺だった時に比べ、かなり割高に感じます。
お食事をしてもチップが加算されるので、今は日本が一番(遊ぶには)良いかもしれません。
海外からの観光客の方々が多いのも納得です。
ハワイでは日本語放送もホテルのTVでチャンネルがあり、知る人ぞ知る番組ハワイに恋してまこっちゃんがアリッサにからかわれることなく、一人でレポートしていました。一人だと軽さがなく、ものすごくいいです。ちょっと見直しました。
そのレポートに出てきたハワイ産カカオを使っているチョコレートがこちらManoa Chocolate Hawaii
すでに充実の日本語サイトもありますね。
購入も可能ですがかなりの高級品です。
f:id:onsha:20150618090756j:image
KAILUAが地元のようですが、商品名はやはりオアフ内の地名、MANOAを使用しています。

こちらはカカオ含有率72%の裏面ですが、シングルビーンの製品だけに添加物が少ないですね。
普段食べているチョコレートには話題のトランス脂肪酸系添加物が沢山入っています。
気にし過ぎるのもなんですが、チョコレート好きの私も食べる前に考えなくてはいけません。

ハワイは米国内で唯一カカオが栽培できる気候とのこと。でも今まであまり聞いたことないし、ハワイ産チョコレートのメーカーもいくつかあるので、追いつくかなあ、というのが消費大国を訪れた実感です。
よくお土産に使われるマカダミアナッツのチョコレートに「ハワイ産カカオ」や含有率にこだわりだしたらあっという間に無くなる量しか生産できないんじゃないかなあ。
コナコーヒーだって本物は少なくて高いものですからね。

まずカカオ含有率60%のbreakfast barを試しましたが、気になるお味は口に入れた瞬間から良い香りで美味しかったです。カカオがクランチとなっています。後味もなかなか。
きっと日本でも売りますね。推定小売価格は1200円〜1400円。
…興味のある方はハワイに行く方にお願いするのが良いかもしれません。

まこっちゃん、教えてくれてありがとう。でもちょっと高いや。