読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#gateau basque

購入場所: MAISON D'AHNI Shirokane / index@白金高輪
お値段: 450円(税別)

フランスとスペインの国境あたりにバスク地方と称される地域があり、食いしん坊の私は是非訪れてみたいとかねがね思っております。
しかも波も良く、サーフィンの大会なども開かれます。
個人的にはスペインやイタリアの素材と塩分勝負!なお食事が好きで、フレンチはまあ二の次ですが、スイーツに関してはフランスはやはり別格な気がします。
私は小麦粉が其れ程得意でなく、シフォンやらショートケーキなどにあまり誘惑されませんが、バターやクリーム、カリっ、サクっ、の食感は嫌いではありません。
ガトーバスクはサクランボを煮詰めたものがバターたっぷりの生地に封じ込められた素朴といえば素朴な焼き菓子ですが、こちらのものは口にした瞬間バターを感じ、サクっと噛んだ瞬間、なんともいい塩梅のジャム状黒サクランボが。
口中で油分と酸味と甘味、サクサク食感がミックスされ、朝から大層幸せな気分になりました。
f:id:onsha:20150713102131j:image
Maison d'ahniさん、まだオープンして半月程度ですが、バスクのケーキ屋さんが例えば代々木上原でなく、白金高輪に出来たことは地域にとっても有難いこと。
f:id:onsha:20150713102146j:image
熱烈応援します。
クロワッサンやフィナンシェなどの焼き菓子の他に生ケーキも並んでおりますが、私にしては珍しく全種類制覇したい野望に燃えています。
f:id:onsha:20150713102206j:image
f:id:onsha:20150713102220j:image
しばらくケーキはこちらで。
f:id:onsha:20150713102233j:image
今日のチョイスはこれ。
f:id:onsha:20150713103343j:image
真ん中の風車みたいなのがバスク地方のマークです。(スプーン付きっていいアイデア💡)

特筆すべきは朝7:00からの営業。
出勤前でも急なお使い物にも美味しい焼き菓子が購入可能です。
(火曜日はお休みです。)
粉もん苦手な私が一押しするMaison d'ahniの焼き菓子、是非召し上がってみてください。
白金高輪駅からも近いですよ。