読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモムケドトリヨセズ-赴けど取り寄せず

ワタクシがちょこちょこと実際に足をはこんで買っているコダワリの品々。

#タッハンマリ

おかず ご飯
飲食場所: タッハンマリ横丁ソウル
お値段; だいたい一人で2万W(2000円位)
f:id:onsha:20160620064327j:image
 
アニョハセヨ。
ソウルに行くと必ず食べる「タッハンマリ」という名の鶏鍋。
その鍋屋が集まる横丁があり、お目当ての行きつけの一軒に行きます。
「タデギ」というタレにお酢とニラ、辛子、ニンニクなどを混ぜ、洗面器みたいな鍋に入れられたスープが煮えるのを待ちます。
f:id:onsha:20160620061606j:image
はいっているのはトッポギ(お餅)、じゃがいも、鶏。貰った古漬けのキムチも入れます。この鍋が素晴らしく美味しい。
 f:id:onsha:20160620061647j:image
タレ作成のラインアップはこんな感じです。同じ方向に回してね。
f:id:onsha:20160620061910j:image f:id:onsha:20160620061938j:image
出来ました。
f:id:onsha:20160620062038j:image
見た目よりは辛くないです。鶏が柔らかいのなんの。 
だいたい二人で鶏一羽位。
高麗人参、野菜なども今回はお願いしました。
そりゃもちろん鶏も美味しいですが、やはりスープがいい仕事するのでもう一働きしてもらいましょう。
めーん。
f:id:onsha:20160620062539j:image
この麺も日本では見たことがないタイプの麺ですが、絶妙な太さの美味しい麺です。
通常は「ああ、美味しかった、ごちそうさま」となりますが、ラスボスをやっつけて帰りましょう。
「焼き飯」です。
滋養と旨味が凝縮されたスープとお米、ふつうならおじやにするところ、こちらではこんな感じに。
f:id:onsha:20160621081120j:image
f:id:onsha:20160620063349j:image
麺のあとのスープを鍋からあらかた取り出し、ヒタヒタになったところにゴハンと韓国海苔、水菜みたいな野菜を投入し、洗面器鍋にギュウギュウ押し付けると「焼き飯」というよりは「焼きリゾット」みたいなものが出来上がります。
その美味しさたるや、嗚呼。
 
タッハンマリ横丁には何軒かの専門店がありますが、私の行きつけはこの赤い看板の店舗です。
f:id:onsha:20160620064720j:image
f:id:onsha:20160620064647j:image
タッハンマリはお鍋なので冬のものと思っていましたが、実は夏場の暑い時期の滋養強壮に良いそうです。鰻みたいなものですね。
 
ただ、翌日は間違いなくニンニク臭がヒドイので、仲の良い方とソウルにいらっしゃる機会に召し上がることをお勧めいたします。
マシソヨな一品です。